ENOSPO

ENOSPO

【世界陸上2017ロンドン】男子4×100mR決勝の見どころ

【世界陸上2017ロンドン】男子4×100mR決勝の見どころ

【世界陸上2017ロンドン】男子4×100mR決勝の見どころこんにちは、スポーツライターのENOKI(@enoki0520)です。

本日18:55からの男子4×100mR予選で日本代表は1組3位に入り、見事に決勝進出を決めました。

優勝争いは、2009ベルリン大会から4連覇中、5連覇とウサイン・ボルトのラストランに注目が集まるジャマイカか、男子100m金・銀メダリストを擁するアメリカが大本命。
表彰台争いは、開催国イギリスや2大会連続銅メダルのカナダ、昨年のリオデジャネイロ五輪でジャマイカとアメリカに割って入った日本など、勢力が拮抗していて大混戦となっています。

今回は緊急特別編として、予選の感想から決勝の日本のオーダー予想、決勝の展望まですべてチェックしましょう。

※この記事は「テレビで放送していたらチャンネルを合わせて、日本代表がいたらとりあえず応援する」くらいの方に向けた見どころなので、いわゆる「陸上ガチ勢」の方にはぬるい内容になっています。

予選をプレイバック!

予選をプレイバック!まず、日本代表が出場した予選1組。
日本代表は前評判の高いアメリカやトリニダード・トバゴ、開催国イギリスなどと同じ組。
決勝進出の可能性は高いものの、決して安心はできませんでした。

日本のオーダーは昨年のリオデジャネイロ五輪メンバーを中心に据えました。
飯塚翔太(2走)、桐生祥秀(3走)、ケンブリッジ飛鳥(4走)はそのままに、代表入りが叶わなかった山縣亮太が務めた1走を、今大会男子100mでスタートのよさを買われた多田修平が走ることに。

同組で最大のライバルとなるアメリカは、予選から今大会男子100mでボルトより上の表彰台に立った2選手を投入して、本気ぶりを伺わせました。
レースが始まると、多田が得意のスタートダッシュを決め、中盤もぐんぐん加速して外側のレーンを走るトリニダード・トバゴとの差を縮めます。
2走の飯塚は順位を守り、3走の桐生はアメリカとイギリスがほぼ横並びで少し前をいく状態で、アンカーのケンブリッジにバトンを渡しました。
ケンブリッジはアメリカのクリスチャン・コールマンとイギリスのミッシェル・ブレイクに大きく差をつけられたものの、2国に次ぐ3位でゴール。
着順3位までが決勝進出のため、この瞬間に日本代表は決勝への切符を手にしました。

2組はボルト率いるジャマイカが大本命、フランスやカナダなどの下馬評の高い国もいました。
しかし、直前に行われた女子4×100mRの予選2組で、ドイツがジャマイカを抑えて1位になったことで、ドイツ男子代表にも大きな注目が寄せられることに。

男子も大方下馬評通りにレースは進み、ジャマイカはアンカーのボルトが余裕で流しても37秒台をマークすることで健在ぶりを見せつけました。
その後もフランス、 蘇炳添が3走で活躍した中国が着順での決勝進出。
各組3着+タイム上位2チームの2チームは、予選で各組4位のトルコとカナダに決まりました。

注目されていたドイツは3走まではよかったものの、3走から4走へのバトンパスに失敗し、2組5位で決勝進出は叶いませんでした。

正真正銘のボルト・ラストラン!

正真正銘のボルト・ラストラン!決勝8チームの紹介と、レースの結果を占いましょう。
まず、決勝進出を決めた8チームとレーンを確認します。

※(予選の組と順位/総合タイム順位)

  • 2レーン:カナダ(2組4位/8位)
  • 3レーン:トルコ(1組4位/7位)
  • 4レーン:アメリカ(1組1位/1位)
  • 5レーン:ジャマイカ(2組1位/3位)
  • 6レーン:フランス(2組2位/4位)
  • 7レーン:イギリス(1組2位/2位)
  • 8レーン:中国(2組3位/5位)
  • 9レーン:日本(1組3位/6位)

日本は一番外側の9レーン。
一番手前の位置からスタートするため、抜かれることがない限り、他国の選手が見えることはありません。

予選ではアメリカ、イギリス、ジャマイカのタイム上位3チームが37秒台を記録しています。

過去10年・5大会の記録を調べても、37秒台が表彰台のボーダーラインです。
2007大阪大会から前回の2015北京大会までの3位のタイムを調べると、一番早いのが2007大阪大会3位のイギリスがマークした37秒90(このときは4位のブラジルまでが37秒台)。
一番遅いのが、2011大邱大会のセントクリストファー・ネイビスがマークした38秒49。
3位チームの平均記録は38秒09で、やはり37秒台が表彰台の目安となりそうです(ちなみに金メダルの記録は37秒04~38秒47で推移し、直近5大会の平均は37秒37)。

今回の決勝に出場する8か国中、日本とトルコ以外の6か国は、直近5大会でメダルを獲得しています。

世界中の視線はボルトに集まる

世界中の視線はボルトに集まるボルトはいつも通りの4走での起用が確実視されていて、予選は控えに回った盟友ヨハン・ブレイクが出走すれば、金メダルの可能性は高くなります。

ジャマイカの対抗馬の筆頭は、どう考えてもアメリカでしょう。
予選からジャスティン・ガトリンクリスチャン・コールマンを起用し、今季世界最高記録(37秒70)をマークするなど、リレーで打倒ボルトを達成する最後のチャンスに対する意気込みがうかがえます。

アメリカは過去15大会中8回表彰台に立っていますが、残りの7回は途中棄権が4回、失格が3回と、理由が穏やかではありません。
とはいえ、それは裏を返せば、問題なく走りきれれば確実にメダルを手にしているということ。
2007年大阪大会を最後に一番美しい色のメダルはジャマイカに譲り続けていますが、果たして10年ぶりの栄冠を手にすることができるでしょうか。

また、地元イギリスも地元での金メダルの獲得に意欲を燃やしています。
8日目終了時点でメダルは男子10000mのモハメド・ファラー選手の金メダルだけ。
本日は男子5000m決勝も行われ、ファラーの長距離2冠にも4×100mR以上の注目が集まっています。

注目は予選で2走を走ったアダムス・ジェミリで、日本のサニブラウン・A・ハキームのチームメイト。
予選では隣のレーンを走っていた飯塚との差をほぼゼロにする爆走を見せました。
それほどの選手が個人種目で代表入りしておらず、すべての準備を今日のためだけにしていると考えると、日本以外の他国にとっても脅威です。
『開催国』『ファラー』のイメージが強くなっている今大会で、イギリス短距離の存在感を示すことができるでしょうか。

日本代表が1つでも上の順位にいくために必要なこと

日本代表が1つでも上の順位にいくために必要なことここまで述べた決勝の展望とは別に、日本代表が8位でなく7位、7位でなく…と、少しでも上に行くには何が必要かを、僭越ながら考えました。
予選を見ていても、まだ改善の余地はあると思います。

まず、2走の飯塚の後半があまり伸びなかったように感じました。
200mが専門の選手というだけあり、後半の直線での加速を期待された上での2走起用となっているはず。
それにもかかわらず、強みが活きずトリニダード・トバゴとの横並びから抜けられなかったのがもったいなかったと思います。

個人種目の200mも決して好調ではなく、予選通過も他の選手の失格に助けられたものでした。
リオデジャネイロ五輪の銀メダル獲得時の飯塚の走りには、今回の走りにはない勢いがあったと思います。
飯塚のあの勢いがロンドンでも見られれば、今大会の表彰台も見えてくるでしょう。

次に、『日本のリレーの躍進要因』とも言われる、バトンパスはまだ完璧ではないように見えました。
本稿を書くに当たって何度か予選の動画も見直していますが、リアルタイムでも真っ先に感じたことです。

多田から飯塚へのバトンパスはとてもスムーズでしたが、あとの2回は若干詰まっているようにも見えます。
日本代表が採用しているアンダーハンドパスは、次の走者のすぐ後ろでバトンを渡すぶん、次の走者の助走を殺さずに済むというもの。
バトンパスが上手くいかないと、助走の勢いも殺してしまうし、何よりバトンを落としたり失格したりする可能性がぐんと上がります。
何より怖いのが失格で、全力で駆け抜けたそのままの勢いでバトンを持った走者が来るため、バトンパスに手間取っているうちにテイクオーバーゾーンを越えてしまう恐れも。

歴代の日本代表はアンダーハンドパスを上手く使い、個々のタイム差では劣るものの、リレーでの入賞を続けてきました。
今回の予選のバトンパスでも、もたつきがなければアメリカやイギリスといい勝負をしていた可能性はあります。
決勝ではバトンパスも個のパフォーマンスも上方修正し、今大会日本勢初のメダルの獲得となることを期待したいです。

また、ボルトのラストランの行方にも注目しましょう。
彼が引退を撤回することは考えにくいため、今回がアスリートとしてのボルトの走りを見られる本当のラストチャンスです。

男子4×100mR決勝は05:50から行われます。
世界中が注目する40秒を、あなたもぜひ一緒に見届けましょう。

Leave A Reply

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status