ENOSPO

ENOSPO

【レポ】ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム2017

【レポ】ツール・ド・フランス
さいたまクリテリウム2017

【レポ】ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム2017こんにちは、スポーツライターのENOKI(@enoki0520)です。
今回は、11/4に行われた2017ツール・ド・フランス さいたまクリテリウムのイベントレポートをお届けします!

11/3に行われた前日祭のイベントレポは下記リンクからどうぞ!

【レポ】ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム前日祭
【レポ】2017ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム 前日祭 こんにちは、ENOKI(@enoki0520)です。 今回は、11月03日(土)に行われた2017ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム前日祭のイベントレポートをお届け…

スプリントレース予選・決勝

bardet
大会開幕前は今年のツール本大会を復習。写真は第12ステージの勝者ロマン・バルデ

午前中に行われたのはスプリントレース。ルールは下記参照。
競輪をロードレースに持ち込んだようなイメージです。

1チームから1選手が出場し、約3kmのコースを走行して1着を争う。
スタート地点からパレード走行を行い、残り約1km付近にアクチュアルスタートを設ける。
4組(1組あたり3名または4名)に分かれてレースを行い、各組1位となった選手により、決勝戦を行う。
瞬発系筋肉は短時間しか持続できないので、各選手はライバルの脚質や戦略を考慮しながらスパートの機会を窺う。
世界トップレベルのスプリンターたちによる、本場さながらの白熱したスプリントが期待できる。

引用元:大会公式サイト

すべての組のレース展開を書くと長くなりすぎるので、予選はひとまずリザルトのみ。

グループA:キッテルが決勝進出

目の前
左から山本 幸平、水谷 翔、別府史之、マルセル・キッテル
  1. マルセル・キッテル(GER/Quick-Step Cycling/@marcelkittel
  2. 別府史之(JPN/Trek Segafred/@Fumybeppu)+0.170
  3. 山本幸平(JPN/スペシャルチームジャパン for さいたま)+0.860
  4. 水谷翔(JPN/シマノレーシング)+1.760

グループB:大久保が決勝進出

グループB
右手前が大久保陣、
右奥から畑中勇介、トム・ヴァンアスブルック、フレフ・ヴァンアーヴェルマート
  1. 大久保陣(JPN/ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
  2. トム・ヴァンアスブルック(BEL/cannondale drapac/@Tomvanasbroeck)+0.260
  3. 畑中勇介(JPN/チーム右京)+0.210
  4. フレフ・ヴァンアーヴェルマート(BEL/BMC racing team/@GregVanAvermaet)+0.300

グループC:アルントが決勝進出

グループC
左から岡本隼、ニキアス・アルント、新城幸也、窪木一茂
  1. ニキアス・アルント(GER/Team Sunweb/@NikiasArndt
  2. 新城幸也(JPN/ツール・ド・フランス ジャパンチーム/@YukiyaArashiro)+1.450
  3. 岡本隼(JPN/愛三工業レーシングチーム/@RB8810_0761dett
  4. 窪木一茂(JPN/NIPPO・ヴィーニファンティーニ/@kakka0606)+1.210

グループD:カヴェンディッシュが決勝進出

グループD
左からマーク・カヴェンディッシュ、岡篤志、ミカル・クヴィアトコウスキー

最終組は3選手でのレースでした。

  1. マーク・カヴェンディッシュ(GBR/Team Dimention Data/@markcavendish
  2. 岡篤志(JPN/宇都宮ブリッツェン)+0.300
  3. ミカル・クヴィアトコウスキー(POL/Team Sky/@kwiato)+0.600

決勝:キッテルが優勝

スプリンター勝負を制したのはキッテル!
ツール本線では幻のマイヨ・ヴェールとなったロードレース界随一のスプリント力を存分に発揮しました。

スプリント決勝
左から大久保、アルント、キッテル、カヴェンディッシュ
  1. マルセル・キッテル
  2. マーク・カヴェンディッシュ+0.500
  3. ニキアス・アルント+0.200
  4. 大久保 陣+1.220

カヴェンディッシュとアルントのタイム差が逆なんですが、写真を見る感じだとカヴェンディッシュが上位っぽいような…。

証拠写真
手前からキッテル、アルント、カヴェンディッシュ。2位はカヴェンディッシュっぽく見える

個人・チームタイムトライアル

個人タイムトライアル(パラ選手、女子選手、男子ジュニア)も満喫したあとは、プロチームによるチームタイムトライアル。
(ITTの写真なかったです、ごめんなさい…)

1チーム3名でスタートして1周(約2.5km)の所要時間を計測し、最速タイムを競う。
リーダージャージ着用者を除いて同じチームジャージ、同じロードバイクで隊列を組んで走るシーンは通常のロードレースとは異なった迫力があり、空気抵抗の大きい先頭を順番に務めるために3選手が位置を変えていくテクニックが見もの。

引用元:大会公式サイト

UCIワールドツアーの強豪チームを抑えて優勝したのは、宇都宮ブリッツェンでした!

  1. 宇都宮ブリッツェン(JPN/@blitzen_PR)03’09″39
  2. Team Sunweb(GER/@TeamSunweb)+0’02”
  3. BMC RACING TEAM(SUI/@BMCProTeam)+0’05”
  4. Team Dimention Data(RSA/@TeamDiData)+0’05”
  5. ブリヂストンアンカーサイクリングチーム(JPN)+0’07”
  6. 愛三工業レーシングチーム(JPN/@aisan_live)+0’10”
  7. Team Sky(GBR/@TeamSky)+0’13”
  8. チーム右京(JPN/@Team_UKYO)+0’16”
  9. スペシャルチームジャパン for さいたま(JPN)+0’17”
  10. シマノレーシング(JPN/@SHIMANO_Racing)+0’18”
  11. Quick-Step Cycling(BEL/@quickstepteam)+0’21”
  12. NIPPO・ヴィーニファンティーニ(ITA/@NIPPO_Fantini)+0’22”
  13. cannondale drapac(USA/@Ride_Argyle)+0’28”

肝心のブリッツェンの写真がないので、他チームの写真を多めに…。

14
ピースサインを決めるヴァンアスブルック
roche
ニコラス・ロッシュのBMCは第3位
hatsuyama
初山翔率いるブリヂストンアンカーサイクリングチームも上位にランクイン
froome
クリストファー・フルームを擁するTeam Skyはやや低空飛行気味
キッテルはメインレースのポイント賞に向けて体力温存か
チーム最後尾でフィニッシュ地点に戻るワレン・バルギル

クリテリウムメインレース

いよいよ今大会のメインレース。
ルールは以下参照。

全選手(女子選手・男子ジュニア選手、パラサイクリング選手を除く)が出場し、1周約3kmのコースを19周し1着を争う。
コースレイアウトを2年ぶりに刷新したことで、これまでとは違うレース展開が期待できます。
コクーンシティ脇の折り返しから約300mの直線コースは、白熱のゴールスプリントが期待できる一番の見どころです。

引用元:大会公式サイト

スタート地点に並び始める選手たち
スタート地点に並び始める選手たち
fumy_haas
スタート前に談笑する別府史之(左)とネイサン・ハース
wawa_poco
「お腹ぽっこり」を見せるバルギルとキッテル、ヴァンアーヴェルマート

逃げ集団には畑中や別府らが加わるものの、レース前半の間にメイン集団に吸収されます。
新城も何回か逃げを試みたものの、うまく決まりませんでした。

aso
ツール本大会と同じフランスのスタッフも参加

10周目でリゴベルト・ウラン(COL/cannondale drapac /@UranRigoberto)とヴァンアーヴェルマートが逃げ、追走したフルームとバルギルは次の周で2人に追いつき、UCIワールドチームのエース選手4人による、なんとも豪華な逃げ集団を形成しました。

10
10周目で逃げに入ったウラン(左)とヴァンアーヴェルマート
escape
右側の先頭からウラン、バルギル、フルーム、ヴァンアーヴェルマート

ラスト2周で逃げ集団からフルームとバルギルが前に出ました。
バルギルがフルームを振り切ってアタックを決め、単独首位の状態でラスト1周へ。

メイン集団
attack_arasiro
ラスト1周に入るフィニッシュゲート前でアタックをする新城

トンネルを抜けた後の上り坂でバルギルはメイン集団に吸収され、ゴール前スプリント勝負に。

別府も最後まで粘ったものの、カヴェンディッシュが先着して初優勝となりました。
(決定的な瞬間が撮れず落胆したのは言うまでもありません…)

表彰式

表彰式のころには雨が強く降り始めました。
ここから先は写真のみでお届けします。

TTT_blitzen
チームタイムトライアルで表彰された宇都宮ブリッツェン
short_sprint_kittel
ショートスプリントで表彰されたキッテル
mainrace_cavendish
クリテリウムメインレースで優勝したカヴェンディッシュ
mainrace2_fumy
クリテリウムメインレース2位の別府史之
mainrace3_hatanaka
クリテリウムメインレース3位の畑中勇介
point_van_avermaet
ポイント賞で表彰されたヴァンアーヴェルマート
mount_froome
山岳賞で表彰されたフルーム
aggressive_barguil
敢闘賞で表彰されたバルギル
アルベルト・ベッティオール
新人賞で表彰されたベッティオール

これですべての大会プログラムは終了し、惜しまれながらもさいたまクリテリウム2017は終了しました。

それでは!

Leave A Reply

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status