ENOSPO

ENOSPO

【Giro d’Italia 2018】TAPPA03

【Giro d’Italia 2018】TAPPA03

Giro18_TAPPA03こんにちは、スポーツライターのENOKI(@enoki0520)です。

ジロ・デ・イタリア(Giro d’Italia)のコース紹介記事を毎日更新しています!
休息日前日かつイスラエルでの最終ステージとなる第3ステージも白熱の展開になること間違いなし!
大会公式Twitterアカウント(@giroditalia)や公式アプリも要チェックです!

Giro d'Italia

第2ステージのプレイバック

昨日の第2ステージを振り返りましょう!
第2ステージはハイファからテルアビブへ地中海沿いのハイウェイを南下する平坦コースでした。

【Giro d’Italia 2018】TAPPA02
【Giro d’Italia 2018】TAPPA02 こんにちは、スポーツライターのENOKI(@enoki0520)です。 昨日から始まったジロ・デ・イタリア(Giro d’Italia)のコース紹介記事を毎日更…

第2ステージ:レース展開

ハイファの街を飛び出して逃げ集団を形成しようとしたのは、ラースユディング・バク@LarsBak16/DEN/LOTTO FIX ALL)とダヴィデ・バッレリーニ@ballero_94/ITA/ANDRONI GIOCATTOLI – SIDERMEC)。
ギョーム・ボワヴァン@Guillaumeboivin/CAN/ISRAEL CYCLING ACADEMY)も序盤はプロトンにいたものの、最初の中間スプリントポイント地点で飛び出して1秒のボーナスポイントを獲得するとともに2人に追いつき、最終的に3人で逃げ集団を形成しました。

昨日ステージ3位だったヴィクトール・カンペナールツ@VCampenaerts/BER/LOTTO FIX ALL)もアクチュアル・スタート直後に集団から飛び出そうとしたものの、結局プロトンに戻りました。

最初の中間スプリントポイント・アクレはそのまま逃げ集団がバッレリーニ、バク、ボワヴァンの順で先着し、ボーナスタイムを獲得。
4位には今ステージ優勝を公言するエリア・ヴィヴィアーニ@eliaviviani/ITA/QUICK-STEP FLOORS)が入りました。

そのまま大きな変化がないまま今大会初の山岳・ジフロン・ヤアコヴ(4級)に突入。
逃げ集団が山岳ポイント独占を狙いに行き、地元・イスラエルのボワヴァンに譲ろうと他の2人が力を緩めたところ、ボワヴァンが上れず。
プロトンから飛び出してきていたエンリーコ・バルビン@barbenry/ITA/BARDIANI CSF)が右からするするとボワヴァンを追い抜き、そのまま3ポイントを獲得。

2位はボワヴァン、3位はバッレリーニが獲得したものの、逃げ集団はここでプロトンに吸収されます。

残り82km地点辺りから、次の中間スプリントポイント・カイザリアでのポイント獲得に向けてプロトンを率い始めました。
その甲斐もあり、カイザリアで首位に立ったのは昨日2秒差でトム・デュムラン@tom_dumoulin/NED/Team Sunweb)に敗れたローハン・デニス@RohanDennis/AUS/BMC Racing Team)。
これによってボーナスタイム3秒を獲得したデニスは1秒差でデュムランを逆転し、結果的にマリア・ローザの奪取に成功します。

BMC Racing Team@BMCProTeam)はポイント獲得対象の8位までにデニス、3位にユルヘン・ルーランツ@jurgenroelandts/BEL)、8位にジャンピエール・ドリュケール@jempy_drucker/LUX)の3選手を押し込み、来期以降のスポンサー獲得に向けた絶好のアピールの場を作りました。
ちなみに2位にはアクレに引き続き、ヴィヴィアーニが入っています。

残り10kmを過ぎるとスプリンターを擁するチームのアシストたちによる発射台の準備が始まります。
終盤は直角に曲がるコーナーが複数登場し、位置取りが重要です。

ダニー・ファンポッペル@Dannyvanpoppel/NED)を連れたTEAM LOTTO NL – JUMBO@LottoJumbo_road)が今までプロトンの後ろで温存していた力を出し、前の方に出てきたのは残り6.6km。

トニー・マルティン@tonymartin85/GER/TEAM KATUSHA ALPECIN)が残り5kmを切ったところでアタックを仕掛けますが、思いのほか後続を引き離すことはできません。
その後もアタックを仕掛ける選手は出てきたものの、決めることができずにそのままフラム・ルージュを通過します。

この時点で先頭はサーシャ・モドロ@SachaModolo/ITA/TEAM EF EDUCATION FIRST)。
優勝候補本命のヴィヴィアーニは先頭付近にいるものの、位置取りはよくありません。

スプリント勝負でヤコブ・マレツェコ@jakubmareczko/ITA/WILIER TRIESTINA – SELLE ITALIA)が飛び出して決めたかと思いきや、マレツェコが結果的にヴィヴィアーニの発射台となる結果に。
ヴィヴィアーニがグランツールを制したのは、ジロ2015年大会・第2ステージ以来のちょうど3年ぶりの出来事です。

また、今ステージではバイクやタイヤの交換、タイヤのパンクなどが目立ちました。
コーナーでの落車やプロトン内での接触もあり、ステージ順位を大きく落とした選手も少なくありません。

第2ステージ:ステージ順位

ステージ順位はご覧の通りです。
プロトンの人数も非常に多かったため、131位の選手までがタイム差なしとなりました。

  1. エリア・ヴィヴィアーニ(QUICK-STEP FLOORS):03:51:20
  2. ヤコブ・マレツェコ(WILIER TRIESTINA – SELLE ITALIA):+0:00
  3. サム・ベネット@Sammmy_Be/IRL/ORA – HANSGROHE):+0:00
  4. ニッコロ・ボニファジオ@Bonifazio_993/ITA/BAHRAIN – MERIDA):+0:00
  5. サーシャ・モドロ(TEAM EF EDUCATION FIRST):+0:00
  6. クレモン・ヴァントゥリニ@ClemVenturini/FRA/AG2R LA MONDIALE):+0:00
  7. ライアン・ギボンズ@RyanGibbons23/RSA/TEAM DIMENSION DATA):+0:00
  8. マヌエル・ベッレッティ@Manuelbelletti/ITA/ANDRONI GIOCATTOLI – SIDERMEC):+0:00
  9. バティスト・プランカールト(BEL/TEAM KATUSHA ALPECIN):+0:00
  10. ジャンピエール・ドリュケール(BMC Racing Team):+0:00

チーム戦ではTEAM KATUSHA ALPECIN@katushacycling)が昨日に引き続き優勝。
第1ステージでは17位と苦戦したAG2R LA MONDIALE@AG2RLMCyclisme)が5位と善戦しています。

第2ステージ終了時点の総合順位

昨日の個人タイムトライアルでは山岳ポイントがなかったため、空位になっていた山岳賞が決まりました。

      1. ローハン・デニス(BMC Racing Team):04:03:21
      2. トム・デュムラン(Team Sunweb):+0:01
      3. ヴィクトール・カンペナールツ(LOTTO FIX ALL):+0:03
      4. ホセ・ゴンサルヴェス@josegoncalvesim/POR/TEAM KATUSHA ALPECIN):+0:13
      5. アレックス・ドーセット@alexdowsett/GBR/TEAM KATUSHA ALPECIN):+0:17
      6. ペリョ・ビルバオ@PelloBilbao1990/ESP/ASTANA PRO TEAM):+0:19
      7. サイモン・イェーツ@SimonYatess/GBR/MITCHELTON – SCOTT):+0:20:+0:21
      8. マクシミリアン・シャッハマン@MaxSchachmann/GER/QUICK-STEP FLOORS):+0:22
      9. トニー・マルティン(TEAM KATUSHA ALPECIN):+0:28
      10. ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ@pozzovivod/ITA/BAHRAIN – MERIDA):+0:28
    • 出走176選手/完走175選手/リタイア1選手(棄権1選手)
    • Maglia Rosa(総合首位)…ローハン・デニス(BMC Racing Team):04:03:21
    • Maglia Ciclamino(ポイント賞)… エリア・ヴィヴィアーニ(QUICK-STEP FLOORS):68ポイント
    • Maglia Azzurra(山岳賞)…エンリーコ・バルビン(BARDIANI CSF):3ポイント
    • Maglia Bianca(新人賞)… マクシミリアン・シャッハマン(QUICK-STEP FLOORS):+0:22

デニスとデュムランの順位が入れ替わったものの、総合トップ10の選手の顔ぶれに変化はありません。
マリア・ビアンカはシャッハマンがキープしました。

第3ステージ概要

今日はイスラエルの最終ステージです。
イスラエル中央部の街・ベエルシェバから紅海へと続くアカバ湾に面した、エジプトとヨルダンの国境に近い街・エイラートへ向かうコースです。

  • スタート:ベエルシェバ(イスラエル)
  • フィニッシュ:エイラート(イスラエル)
  • 総距離:229.0km
  • 中間スプリントポイント:Sde Boker、Mitzpe Ramon
  • 補給地点:95km~98km地点
  • 山岳:Faran River(4級)
  • ステージ:平坦
  • 開始時刻:12:30(日本時間18:30)
  • ステージ難度:★☆☆☆☆
  • 引用元:大会公式サイト内ステージ03コース紹介ページ

Giro2018_03_map

今ステージはネゲヴ砂漠を縦断する229.0kmのコースです。
砂漠とはいえ、道路は舗装されてます。

2018/5/6 11:50時点で予想最高気温27℃、湿度42%、、降水確率0%、風速2m毎秒と、想定されていたよりは良好なコンディション。
ですが5月上旬にして7月のツール・ド・フランスや8月~9月のブエルタ・ア・エスパーニャと変わらない気温です。

それに砂漠の気候には数字だけで判断できないものがあります。
給水や体温調節、砂漠の砂埃や風をよけるためのアシストの存在など、チームの働きが総合勢の順位に大きな影響を与えるでしょう。

 

砂漠の舗装された道路を走りながらも、4級山岳のFaran Riverに近づくにつれてコースもでこぼこになっていきます。
Faran River内のラモン・クレーターのような、起伏の激しい場所も通過するようです。

Faran Riverは平均勾配が7.2%、最大勾配が10%。
10%地点は恐らく一瞬で、平均勾配に近い斜面を1.2kmの間上り続けます。

Giro2018_03_alt

ラスト4kmは非常に緩やかな、下りと気づかないくらい平坦に近い下りになっています。
砂漠を走る間はほぼ一本道でしたが、エイラート空港を右手に眺めたあとにラウンドアバウトを利用してUターンして右折したら、残すはゴールスプリントのみ。

右折したあとの350mは第2ステージに比べると道幅も狭く、集団スプリントになると大混戦の予感。
「砂漠で砂埃を散らす風に苦しめられ、海沿いのフィニッシュ地点では潮風に苦しめられる」と思いきや、高級ホテルが建ち並ぶ通りなので、その心配は不要です。
恐らくゴール地点になると思われるU Magic Palaceも、トリップアドバイザーでこの時期1泊3万円以上の高級ホテル。

明日が休息日ということもあり、総合リーダーや4賞ジャージを狙う選手など、少しでもいい順位でゴールしたい選手はたくさんいるでしょう。
最後の右折をする交差点も交通島(三角州のような部分)があるので道が狭いです。

集団から抜け出そうと、その狭い道に多くの選手が一気に殺到することが予想されます。
少しでも上位でイスラエルを終えるため、落車などのアクシデントに見舞われないためには、位置取りやコーナリングのテクニックがステージ順位を大きく左右しそうです。

第3ステージレース展望

第3ステージのコースの序盤は緩い上りですが、2回目の中間スプリントポイント・ミズペ・ラモンを境に下り気味のコースに変わります。
山岳も4級のみで決してコース自体は難しくありませんが、ネゲヴ砂漠の気候に多くの選手が少なからず影響を受けるでしょう。

もしかしたらダウンヒラ―として知られるハルリンソン・パンタノ@jarlinsonpantan/COL/TREK – SEGAFREDO)やグランツール3冠を狙うクリス・フルーム@chrisfroome/GBR/Team Sky)あたりがいい走りを見せるかもしれません。
でも第3ステージはやはりスプリンター向けのステージになるので、昨日の勢いそのままにヴィヴィアーニが連勝し、ポイント賞争いを早くも独走する可能性もあります。
いずれにせよ、過酷なネゲヴ砂漠の環境に耐えられるタフな選手を最終スプリントまで残せるチームが勝つステージです。

ジロ・デ・イタリア第3ステージは本日18:20からDAZNで生中継!
昨日までより放送開始時間が1時間30分早いので、注意しましょう。

イスラエルでの最後の戦い、お見逃しなく!

Leave A Reply

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status