ENOSPO

ENOSPO

【Giro d’Italia 2018】TAPPA20

【Giro d’Italia 2018】TAPPA20

Giro18_TAPPA20こんにちは、スポーツライターのENOKI(@enoki0520)です。

グランツールの一つジロ・デ・イタリア(Giro d’Italia)のコース紹介記事を毎日更新しています!
前日のレースの簡単な振り返りも行うので、レースを見逃した人はもちろん、レースを見た人もおさらいとしてご覧ください。
大会公式Twitterアカウント(@giroditalia)や公式アプリも要チェックです!

Giro d'Italia

第19ステージをプレイバック

「まさか」の展開続きで誰も予想できない結末を作った第19ステージを振り返りましょう!

【Giro d’Italia 2018】TAPPA19
(【Giro d’Italia 2018】TAPPA19 こんにちは、ENOKI(@enoki0520)です。 グランツールの一つジロ・デ・イタリア(Giro d’Italia)のコース紹介記事を毎日更新しています!…

第19ステージ:レース展開

アクチュアル・スタートから48.9kmで2級山岳・コッレ・デル・ルイスへ。
逃げ集団はアタックとメイン集団への吸収を繰り返しますが、逃げ集団のルイス・レオン・サンチェス@LLEONSANCHEZ/ESP/ASTANA PRO TEAM)、マッテーオ・モンタグーティ@MontagutiMatteo/ITA/AG2R LA MONDIALE)、セルヒオ・ルイス・エナオ@sergiohenaoofic/COL/Team Sky)の順で通過します。

コッレ・デル・ルイスをトップ3通過した選手のほかは、主にファウスト・マスナーダ@MasnadaFausto/ITA/ANDRONI GIOCATTOLI – SIDERMEC)やダヴィデ・フォルモロ@davideformolo /ITA/BORA – HANSGROHE)、クリッツ・ネイランズ@Neilands_K/LAT/ISRAEL CYCLING ACADEMY)、ズデニェック・スティバール@zdenekstybar/CZE/QUICK-STEP FLOORS)といった選手で逃げ集団は形成されました。

中間スプリントポイント・サンタントニーノ・ディ・スーザはスティバール、ネイランズ、マスナーダの順で通過。
逃げ集団が何人か増えた状態で平均勾配9.2%、最大勾配14%のこの峠は今大会のチーマ・コッピ・コッレ・デッレ・フィレストレの麓に向かいます。

登坂開始から1kmほどでエナオが単独で前に出ました。
逃げ集団やメイン集団から遅れる選手もちらほら現れ、残り87.1kmでメイン集団が逃げ集団に追いつきます。

フルームがチーマ・コッピ登坂中に単独アタック

メイン集団はクリス・フルーム@chrisfroome/GBR)擁するTeam Sky@TeamSky)がケニー・エリッソンド@KennyElissonde/FRA/Team Sky)を中心にペースを上げ、マリア・ローザを着用しているサイモン・イェーツ@SimonYatess/GBR/MITCHELTON – SCOTT)が100km地点を前に遅れました。
ミゲル・アンヘル・ロペス@SupermanlopezN/COL/ASTANA PRO TEAM)も遅れかけますが、メイン集団の後方にとどまります。

チーマ・コッピまで残り8kmからの未舗装路でTeam Skyがさらにペースを上げ、後続にを突き放しにかかります。
総合上位勢はトム・デュムラン@tom_dumoulin/NED/Team Sunweb)、ティボー・ピノ@ThibautPinot/FRA/GROUPAMA FDJ)、リチャル・カラパス@RichardCarapazM/ECU/MOVISTAR TEAM)はつきますが、ロペスとドメニコ・ポッツォヴィーヴォ@pozzovivod/ITA/BAHRAIN – MERIDA)は離されました。

残り80kmでフルームが単独アタックし、デュムラン以降を突き放して独走態勢に。
後ろではロペスがデュムラン集団に追いつき4人で2位集団を形成します。

サム・オーメン@SamOomen/NED/Team Sunweb)、ポッツォヴィーヴォ、フォルモロ、ジョージ・ベネット@georgenbennett/NZL/TEAM LOTTO NL – JUMBO)、ベン・オコナー@ben_oconnor95/AUS/TEAM DIMENSION DATA)の第3集団からウァウテル・プールス@WoutPoels/NED/Team Sky)が飛び出し、デュムラン集団に向かいましたが、3位集団が追い付き吸収。

デュムランら2位集団が追うものの、フルームとの差は広がる一方

チーマ・コッピはフルームが首位通過し、2位集団から38秒差で下りに入り、1分近くまで差を広げました。
残り67.9km地点で2位集団にセバスチャン・ライヘンバッハ@reichenbach_seb/SUI/GROUPAMA FDJ)が追い付きます。

中間スプリントポイント・プラジェラートはフルーム、デュムラン、ピノの順で通過し、残り51kmを前にバーチャルでマリア・ローザのデュムランとフルームの差が1分を切りました。
3級山岳・セストリエーレもフルームが2位集団との差を2分40秒に広げて単独通過。

デュムランが残り40kmを切って前に出たところ、ライヘンバッハが離されました。
残り33kmを切ったところでバーチャルのマリア・ローザがデュムランからフルームに。

念願のマリア・ローザを手にしたフルームと、ラスト勝負になった2位集団

残り9kmでフルームとデュムラン集団のタイム差は3分30秒まで広がり、フィニッシュ地点の1級山岳・バルドネッキアに向けて一気に上ります。
追走集団でデュムランが遅れ始めたのは、ラスト6km。
ライヘンバッハもアシストの役割を終え、集団から下がります。

ロペス、カラパス、ピノの三つ巴になった追走集団からピノがアタックし、単独2位に。
その間にデュムランはマリア・ビアンカをめぐる2人の元に戻ります。

残り3kmを前にデュムラン集団がピノに追いつき、そのままロペスがアタック。
結局3人を引き離せず、デュムランのカウンターアタックからさらにそのロペスがカウンターアタックを仕掛けます。
デュムランがロペスのアタックについてこれません。

フルームは80kmの逃げを成功させ、第14ステージに次ぐステージ2勝目でマリア・ローザを獲得。

追走集団はデュムランが3人に追いつき、また先頭を牽きます。
ピノがペースを上げたのが残り300m。
カラパスが九十九折を利用してアタックして2位、ピノ、ロペス、デュムランと続きました。

第19ステージ:ステージ順位

フルームが2位以降に3分以上の差をつけて圧勝しました。

  1. クリス・フルーム(Team Sky):5:12:26
  2. リチャル・カラパス(MOVISTAR TEAM):+3:00
  3. ティボー・ピノ(GROUPAMA FDJ):+3:07
  4. ミゲル・アンヘル・ロペス(ASTANA PRO TEAM):+3:12
  5. トム・デュムラン(Team Sunweb):+3:23
  6. セバスチャン・ライヘンバッハ(GROUPAMA FDJ):+6:13
  7. ダヴィデ・フォルモロ(BORA – HANSGROHE):+8:22
  8. サム・オーメン(Team Sunweb):+8:23
  9. パトリック・コンラート@PatricKonrad/AUT/BORA – HANSGROHE):+8:23
  10. ペリョ・ビルバオ@PelloBilbao1990/ESP/ASTANA PRO TEAM):+8:23

サイモンは38:51遅れの79位となり、総合順位も大きく下げました。

第19ステージ終了時点の総合順位

ついにフルームがトップに立ちます。
サイモン以外ではポッツォヴィーヴォが順位を3つ落としました。

  1. クリス・フルーム(Team Sky):80:21:59
  2. トム・デュムラン(Team Sunweb):+0:40
  3. ティボー・ピノ(GROUPAMA FDJ):+4:17
  4. ミゲル・アンヘル・ロペス(ASTANA PRO TEAM):+4:57
  5. リチャル・カラパス(MOVISTAR TEAM):+5:44
  6. ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(BAHRAIN – MERIDA):+8:03
  7. ペリョ・ビルバオ(ASTANA PRO TEAM):+11:08
  8. パトリック・コンラート(BORA – HANSGROHE):+12:19
  9. ジョージ・ベネット(TEAM LOTTO NL – JUMBO):+12:35
  10. サム・オーメン(Team Sunweb):+14:18
  • 出走176選手/完走151選手/リタイア25選手(棄権7選手、途中棄権18選手)
  • Maglia Rosa(総合首位)…クリス・フルーム(Team Sky):80:21:59
  • Maglia Ciclamino(ポイント賞)… エリア・ヴィヴィアーニ@eliaviviani/ITA/QUICK-STEP FLOORS):290ポイント
  • Maglia Azzurra(山岳賞)…クリス・フルーム(Team Sky):123ポイント
  • Maglia Bianca(新人賞)… ミゲル・アンヘル・ロペス(ASTANA PRO TEAM):+4:57

マリア・ローザ、マリア・アッズーラのサイモンが保持していた両ジャージはフルームの手に。
なお、第20ステージのマリア・アッズーラは繰り下げでサイモンが着用します。

マリア・ビアンカをめぐるロペスとカラパスのタイム差は47秒、そしてピノとロペスの表彰台争い、フルームとデュムランの総合優勝争いはともに40秒差です。

第19ステージだけで、つぎの7人の選手がDNFとなりました。

第20ステージ概要

実質的な最終ステージとなる第20ステージは、山間部の街・スーザからマッターホルンの麓のチェルヴィニアまでの214km。
今大会のクイーンステージで、前回チェルヴィニアが登場した2015年大会第19ステージはファビオ・アル@FabioAru1/ITA/UAE TEAM EMIRATES)が制し、アルはそのままマリア・ビアンカをミラノまで持ち帰りました。

  • スタート:スーザ
  • フィニッシュ:チェルヴィニア
  • 総距離:214.0km
  • 中間スプリントポイント:Samone、Verrés
  • 補給地点:100km~103km地点
  • 山岳:Col Tsecore(Col du Mont-Tseuc)、Col Saint Pantaléon、Cervinia(以上1級)
  • ステージ:上級山岳
  • 開始時刻:10:10(日本時間17:10)
  • ステージ難度:★★★★★
  • 引用元:大会公式サイト内ステージ20コース紹介ページ

1級山岳山頂フィニッシュ3連続も本日で最後。
1級山岳も3カ所あるため、すべて先頭通過で山岳ポイント105点を獲得できる計算です。

Giro2018_20_map

1級山岳の登坂開始までの約130kmは細かいアップダウンはあるものの、ほぼ平坦な道が続きます。
コース中盤の中間スプリントポイント・サモーネまでは大きなイベントもありません。
2つ目の中間スプリントポイント・ベレスの通過が、約85kmにわたる3つの1級山岳登坂開始のサインです。

最初の1級山岳・コル・テセコは平均勾配7.5%、最大勾配15%の坂を16km上ります。
細かいカーブやスイッチバックが登坂開始時点から続き、最大勾配のポイントは終盤に出てくるうえに細かいカーブを繰り返す区間です。
第19ステージまでのダメージを残している選手はここで置いていかれる可能性も。

2つ目の1級山岳・コル・デ・サイント・パンタレオンは平均勾配7.2%、最大勾配12%の道を16.5km上ります。
ところどころで勾配がぐっと低くなる地点はあるものの。比較的勾配は一定です。

Giro2018_20_alt

そして最後の1級山岳・チェルヴィニアは平均勾配5%、最大勾配12%と、3つの1級山岳では一番緩やか。
登坂距離も18.15kmと長く、フィニッシュ前2kmの勾配は1.4%とほぼフラットです。
フラム・ルージュ手前は少しですが下りがあります。
ブレウイル=チェルヴィナイアの街中でフィニッシュです。

1級山岳3つは急こう配の上りばかりに目を向けられがちですが、チェルヴィニア以外は上った勾配とほぼ同じ勾配で次の山岳に向けて下ります。
上りの素質だけでなく、ダウンヒルのテクニックも要求されるステージになるでしょう。

第20ステージレース展望

大波乱の第19ステージでしたが、同等かそれ以上にハードなステージになるのがクイーン・ステージとなる第20ステージです。
マリア・ローザがサイモンから他の選手の手に渡ることは予想されたものの、それがフルームで、サイモン自身がトップ10から陥落することはほとんどの人にとって予想外のことでした。

第20ステージでも同様のことがいえるため、フルームが3位のピノに4分をつけていたところで決して安泰とは言えません。
とはいえ、昨日は途中からフルームが独走態勢に入ったため、Team Skyのアシスト陣は第20ステージでのフルームの護衛に向けて脚を残しています。
プールスをはじめとするアシスト陣が終盤までフルームのそばにいる可能性を考慮すると、やはりフルーム優勢でしょう。

ライバル勢では昨日はピノがライヘンバッハを終盤まで引き連れましたが、今日はどうでしょうか。
連日逃げているサンチェスも終盤には前からいないことが多く、前待ちできるとロペスのマリア・ビアンカはより安泰に近づきます。
新人賞を争う2人の牽かない姿勢に賛否があったものの、集団を飛び出さない選択をしたのもデュムランの実力。
その選択が今日のステージで何かしらの影響を及ぼすかもしれません。

実は第21ステージは山岳ポイントがないため、このステージ終了時に山岳ポイントトップの選手がマリア・アッズーラでほぼ確定します。
ほぼというのは、第21ステージ完走というミッションが残っているからにすぎませんが、他の4賞と違って順位変動が起こり得るのは今日までです。

ジロ・デ・イタリア第20ステージは本日19:20からDAZNで生中継!
今日の結果で今年のマリア・ローザが決まります。
お見逃しなく!

Leave A Reply

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status